ホワイトニングで黄ばんだ歯とさよなら

シックハウスに注意

新築の家に入ると独特のにおいを感じます。
聞いたサイトはこちら⇒秋田 新築
念願の新築住宅でシックハウスに悩まされない様に気を付けましょう。最近は建材などの基準も厳しくなり、以前ほどシックハウス症候群に関する問題は出にくくなってきました。
壁紙や床材、建具などにもどの程度基準を満たしているかの表記がされています。ですが全て木造で珪藻土の壁、無垢の板などの自然住宅にしない限り、全てシックハウス対策で最高の基準を満たした建材を使用していても、完全に化学物質を排除する事は出来ません。
そのため新築で完成してから入居のまでに数週間程度はダウンタイムを設け、こまめに換気するなどしてなるべく化学物質を排出してから入居するのが理想です。
入居後もしばらくは常に窓を開け、密封状態にならないように気をつけます。
新しいクローゼットや棚などからも思いもよらぬほど化学物質が出ているので、換気の際にはそれらの扉も全開にしておくのがポイントです。数ヶ月で化学的なにおいは落ち着いてくるでしょう。