ホワイトニングで黄ばんだ歯とさよなら

保育園時代からの友人がいることに感謝

 ある程度運命にも左右されてしまうことですが、保育園からずっと一緒だった友人というのは親友になれる可能性が非常に高いです。保育園、小学校、中学校、高校まで一緒に学生時代を過ごしたなら、文字通りその友人のことは「何でも知っている」状態になります。

 

 何でも知っているからこそケンカもするのですが、昔から知っていれば仲直りするのもたやすいです。子どものころから知っているという安心感は人間関係においてかげがえのないものですし、裏表のない人の人間性についても理解することができるのです。保育園で一緒にいるときはそこまで絆や人間関係について考えはしないのかもしれませんが、同じ保育園で過ごしたということは連帯感を強めます。

 

 私にもそんな友人が一人いて、いまだに保育園時代の記憶に残っているエピソードを思い出話として語ります。そういう友人が保育園時代からいるというのはとても嬉しいことで、大人になっても付き合いが続いていることに感謝したいです。
わからないことがありましたら福井市 認定こども園を比較してみてください。